本文へスキップ

千葉県船橋市の少年野球チーム

チームコンセプトconcept

チームの歴史

習志野台赤トンボは、昭和50年(1975年)に、船橋市習志野台二丁目小島石油の小島仁四郎氏が、青少年育成および地域交流の目的で設立された、創部40年の歴史を誇る少年野球チームです。当時習志野台二丁目周辺にはたくさんの赤トンボが飛んでいました。地域の子供たちとの交流を大切にしていた小島さんが、親しみをこめて付けたこの名前、歴史とともに大切にしていきたいと考えています。


方針

習志野台赤トンボは、技術の上達や試合に勝つことだけを目的とするのではなく、友情・チームワーク・礼儀作法・相手に対する思いやりなど、少年野球を通じてこころとからだの成長を見守っていけるよう、父兄・指導部が一丸となって取り組んでいます。野球の好きな少年少女の皆さん、子供たちと一緒に楽しく汗を流したいと思っている父兄の皆さんの参加を心よりお待ちしています.

チームの「約束」

1.あいさつ・明るく元気に
2.全力疾走
3.声を出す
4.整理整頓
5.思いやり/感謝の気持ちを持つ
6.学校での勉強、野球の勉強をする
7.家での努力をする


shop info店舗情報

習志野台赤トンボ


連絡先:
akatonbo1975@gmail.com